膝車のポイント

膝車は柔道の投げ技の足技の一つになり、相手の膝がしらに足の裏を当てて支え、捻じるようにして投げる技ですね。
受け身の練習にも有効なので、小学生のジュニア選手のうちに繰り返し練習してしっかり身につけておくことが欠かせません。

 

 

そんな膝車のポイントは、足の動きを中心にしながら全身をバランスよく使って、タイミングよく技に入ることです。
その際には体を支えている右足を、相手の左足の少し外側に自分のつま先をやや内側に向けるようにすることがコツです。

 

 

そして、相手が体のバランスを保とうとして右足を前に出そうしたところの膝に左足裏を当て、ここを支点にして捻じるように回転させて投げます。

 

 

そんな膝車のやり方の一連の流れとしては、まず右自然体で組んで、左足を一歩進めます。
すると受け手は、右足をいったん下げて押し返そうとしてきます。そして、相手が右足を出そうとした瞬間に体を右足さばきで進め、左足裏を受け手の右膝がしら外側に前から当てます。

 

 

その当てた足で押すようにして支え、腰を曲げないようにして体を安定させながら両手で円を描くように相手を引き、体をひねりながら、遠心力を使って左後ろに投げます。
投げた後は、受け手の方に向くようになります。

 

 

但し、受けの足の出し方によって、取り側の軸足の位置が変わります。
いずれにしても、小学生に膝車を指導する際には、ポイントを押さえて分かりやすく教えてあげることが、怪我をせずに安全に上達するうえで大切でしょう。

 

 

なお、この講道館柔道七段 向井幹博監修の柔道ジュニア選手育成プログラムDVDでは、小学生の子供でも効率よく身につけられるように、腕の使い方も含めて膝車のポイントやコツが解説してあります。

 

小学生でも理解しやすい膝車の指導法とは?

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>