背負い投げの返し方(防御)

相手が背負い投げをかけてきた時に、しっかり防御することが出来ていますか?
小学生のジュニア選手でも、しっかり相手の技に対応出来るようにしておけば、試合展開を断然有利に進めることが出来ます。

 

 

そんな相手が低い背負い投げをかけてきた時の返し方には、主に2通りの方法が考えらえます。
一つは、体を右にさばいて重心を低くして上から倒すようにするのです。

 

 

やり方は、相手が背負い投げをかけてきた瞬間に、重心を低くして右ひざをを畳について右膝立ちになります。
そして、相手の胸に肘を曲げて当て、左手は相手の釣り手を引き下げるようにして体を上からあびせ、後ろに倒して返します。

 

 

二つ目は、相手の股をすくって抑え込みの技に連絡するやり方です。
この場合は、体を右にさばき、それと同時に左手を股に差し入れ、相手の柔道着の前すそ部分を握り、体を上からのしかかるようにして、相手の体を自分の左肩の方向に崩して回転させて、抑え込み技に移ります。

 

 

また、相手の体を回転させる時には、右手の手首の力をきかせながら引いて、頭を下げさせて左肩の方に回すようにするとやりやすいでしょう。

 

 

なお、この講道館柔道七段 向井幹博監修の柔道ジュニア選手育成プログラムでは、背負い投げの防御の術を身につけれるように、重心を落とす、引き手を切る、体をさばく等、具体的な受け側の練習方法がで学べます。

映像をしっかり見て、コツを理解してイメージを掴んでから反復練習をすることで、効率よく上達でき、試合でも主導権を握れるようになれるでしょう。

 

効果的に背負い投げの防御を身につけさせる練習法とは

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>