投げ技のコツ

ここでは小学生のジュニア選手でも覚えておきたい柔道の投げ技や足技のコツやポイントをまとめています。
上達や指導する上での参考になれば幸いです。

投げ技のコツ記事一覧

膝車は柔道の投げ技の足技の一つになり、相手の膝がしらに足の裏を当てて支え、捻じるようにして投げる技ですね。受け身の練習にも有効なので、小学生のジュニア選手のうちに繰り返し練習してしっかり身につけておくことが欠かせません。そんな膝車のポイントは、足の動きを中心にしながら全身をバランスよく使って、タイミングよく技に入ることです。その際には体を支えている右足を、相手の左足の少し外側に自分のつま先をやや内...

支え釣り込み足で相手を投げることが出来ますか?この技は膝車と似ている足技ですが、違いはやや直線的な形になり、相手が前に出てくる勢いを使って、相手の足首の少し上に足裏を当て、そこを支点にして前に出る勢いを止めて投げます。支え釣り込み足のやり方は、右足は相手の左足の前に出し、つま先を内側に向けて右足前さばきで進めながら右手を釣りあげ、左手は上にやや肘を張るようにして引き、右足先に体重が乗るようにして右...

よく大内刈りを返されるということはありませんか?柔道の足技である大内刈りは、相手の左足内側に自分の足を入れて、膝の少し下のあたりを合わせるようにして大きく刈って倒す技です。基本的には、相手の両かかとに重心をかけて、動けなくなるようにして崩すことが重要になります。ですが、左手を引いて右手を押すようにすれば、自分が回転するようになりますし、かといって左腕をあげすぎてしまうと、脇が開いて技を返されやすく...

柔道の大外刈りは、相四つで組んだ時に、自分と同じくらいの身長の相手や、小柄な相手には有効な技です。基本の大外刈りは、真っ直ぐ入って縦手首と釣り手で技をかけるのが一般的です。ですが、相手の正面に立っているとなかなか真っ直ぐに入っていくことが出来ません。その為、取りは真っ直ぐ踏んで大外刈りをかけるために少し左側に移動し、左足を相手の右足の横に踏み込むと同時に、袖を持っていた右手を胸の前に、手の甲が上を...

柔道では色々な技がありますが、それぞれの技の入るタイミングも違います。小学生のジュニア選手でもゆさぶりを上手く使って技への入り方を練習するといいかと思います。例えば、相手を外側へゆさぶりバランスを失いそうになり、体を移動して耐えようした時のタイミングでかける技には、膝車があります。袖を掴んで外側へ動かすようにして相手を引き出し、右足を出させ膝車で投げます。技の入り方は、右足前さばきで動く時に、相手...

柔道の足技の一つである出足払いが上手く出来ますか?出足払いは、相手の踏み出した足が畳に着く、または畳から離れる瞬間に外側kら鋭く払って投げる技です。その為、相手の足を誘い出してこの状況を作り出す必要があるので、体捌きも繰り返して練習して安定した姿勢で投げられるようにしたいものです。そんな出足払いのコツは、鋭く足を払うことが出来るように足首を返して小指で畳をするようにしながら相手の足のくるぶしを払う...

柔道の送り足払いは、相手の体の移動を利用して両足が揃うように送り、移動する方向に直線的に払って投げる足技です。例えば、横に移動させながらかける送り足払いのやり方は、まず右自然体に組み、受けが左横に踏み出そうする動きを利用して、自分もそれに合わせて横に移動します。この時には、相手の左肘を押し込むようにします。そして、体を相手が安定させようとして右足を引き寄せたところを、更に左手を強く押し込むようにし...

柔道の足技の一つである小外刈りがうまく出来ますか?小外刈りは、相手の右足から入れた足の裏で、かかとを強く刈り倒す技です。小外刈りのやり方としては、右自然体で組む場合なら、左足前さばきで進み、自分の左足を相手の右足の外側に踏み込みます。右足は自分の左足のかかとのすぐ後ろについて、体を少し斜めに開きます。左手は肘を絞るような感じで引き下げ、右手は釣り上げ気味に押し、右後ろ隅に崩します。この時には右足で...

内股の練習法はどのように行っていますか?柔道の内股は足技の一つになり、相手を前に崩して、後ろ向きになり投げる技です。右自然体で組む場合は、最初に踏み込む右足は相手の背丈に合わせて膝を曲げて、相手の右足の少し前につきます。左手は胸を張るようにして上に引き、右手は釣込むようにし、相手を前にややねじれた姿勢に崩しながら、左側に体を回転させます。そして、右足を押し込むように左足を継ぎ、相手の両足の間に踏み...