大内刈りを返される

よく大内刈りを返されるということはありませんか?
柔道の足技である大内刈りは、相手の左足内側に自分の足を入れて、膝の少し下のあたりを合わせるようにして大きく刈って倒す技です。

 

基礎体温表

 

基本的には、相手の両かかとに重心をかけて、動けなくなるようにして崩すことが重要になります。

 

 

ですが、左手を引いて右手を押すようにすれば、自分が回転するようになりますし、かといって左腕をあげすぎてしまうと、脇が開いて技を返されやすくなってしまいますね。

 

 

また、相手を崩す方向が右後ろすみになってしまうと、足をあげて簡単に逃げられてしまうことも多いですし、足を刈る位置が高すぎてもうまく技をかけられません。

 

 

それらを踏まえて押したり引いたりと、様々な方向に相手を動かしてかけることが大事ですが、小学生の試合では相手を押してかける大内刈りは、相手に返されることもしばしば見かけます。

 

 

その為、試合に勝つためには相手に返しにくくさせる必要があると思います。
それには自分の足を一度前に出し、すぐさま後ろに下げて膝同士をくっっけるようにするという準備動作をしてから足を刈るようにすると良いです。

 

 

これを練習することで、重くて速い刈る力を作りだすことが出来て、返されることも少なくなってくると思いますよ。(^^)/