大外刈りの基本

柔道の大外刈りは、相四つで組んだ時に、自分と同じくらいの身長の相手や、小柄な相手には有効な技です。
基本の大外刈りは、真っ直ぐ入って縦手首と釣り手で技をかけるのが一般的です。

 

大外刈り

 

ですが、相手の正面に立っているとなかなか真っ直ぐに入っていくことが出来ません。
その為、取りは真っ直ぐ踏んで大外刈りをかけるために少し左側に移動し、左足を相手の右足の横に踏み込むと同時に、袖を持っていた右手を胸の前に、手の甲が上を向くようにして横に倒しながら、右足を大きく前に振り上げます、

 

 

この時に相手の頭が自分の頭にくっつくように、釣り手の右手は立てるようにし、相手の頭を自分の頭の方に寄せていきます。
それによって相手の重心は右足1本に乗った形になります。

 

 

その体重の乗った足を刈ります。これが従来の基本の大外刈りのやり方です。
また、後ろ襟を掴んでかける外手首の釣り手で技をかける大外刈りも効果的です。その場合は、出来るだけ相手との間合いを潰し引き寄せて技をかけることが大切です。

 

 

相手に間を与えないにようにすることで、敵の技を防げ、こちらの技に反応する時間を遅らせることが出来るからです。
出来るだけ後ろ襟を掴むようにすれば、かなり相手との間合いは近くなっていますが、釣り手と引き手で更に引き寄せれば、胸をより合わせやすくなります。
そして、軸足を前に踏み込みすぎないように気をつけながら相手の足を刈ります。

 

 

この時に刈り足は、勢いよくやることが必要ですが、必要以上に高く上げてしまうと重心が後ろに傾いてしまいバランスが崩れやすくなってしまいます。
そうなれば、相手に技を返されやすくなってしまいます。

 

 

その為、刈り足は必要以上に高くあげずに、軸足に重心を残すことを心掛け、力強く刈るように意識して行うようにしたほうが良いでしょう。
なお、大外刈りを練習する場合は、小学生のジュニア選手の受け身が出来ない人にやると後頭部から畳に落ちて危ないです。

 

 

ですので、大外刈りで足を刈らずに、相手の足の間で止める入り方から練習するようにするといいかと思います。
この向井幹博監修の柔道ジュニア選手育成プログラムでは、難度の低い練習にならないように受けと取りが安全で、上達しやすい指導法が紹介してあります。

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>