技の入り方のポイント

柔道では色々な技がありますが、それぞれの技の入るタイミングも違います。
小学生のジュニア選手でもゆさぶりを上手く使って技への入り方を練習するといいかと思います。

 

技の入り方

 

例えば、相手を外側へゆさぶりバランスを失いそうになり、体を移動して耐えようした時のタイミングでかける技には、膝車があります。
袖を掴んで外側へ動かすようにして相手を引き出し、右足を出させ膝車で投げます。

 

 

技の入り方は、右足前さばきで動く時に、相手の左足の少し外側に右足おき、つま先は内側に向けるようにします。
そして、相手が右足を前に出そうとしてきた瞬間に、右ひざに左足裏を当て、ここを支点にして大きく回すようにして投げます。

 

 

また、この技の入り方は小内刈りや支え釣り込み足にも使えるので、練習してみると良いでしょう。
また、襟を掴んで外側に動かして相手を引き出し、左足を出させて大内刈りで投げるのも有効です。

 

 

この技の入り方は、左足前捌きで動くときに、刈り足である右足の膝を曲げて畳から上げて、軸足となる左足の膝をつけるようにして、前に出てきた相手の左足が畳につく瞬間に素早く刈ります。

 

 

今度は外側ではなく、反対の内側に相手をゆさぶりバランス崩し、体勢を立て直そうと戻るタイミングで入る技としては、背負い投げが代表的でしょう。
技の入り方は、袖を掴んで内側(左側)に向けるように揺さぶります。

 

 

バランスを失った相手が慌てて体勢を正面に向きなおそうとした瞬間の戻ろうとする相手の動きを利用し、右足の方向に崩して背負い投げに入るようにします。

 

 

その他にも、襟を掴み内側に相手の体を右側に向けるように揺さぶって、重心を崩してバランスを失って正面に戻ろうとした相手の動きを利用して、右足の方向に崩し大外刈りに入ります。

 

 

いずれにしても、揺さぶられた相手の反応を上手く利用して崩すことが技の入り方のポイントです。
この他にも色々な技を練習していきましょう。

 

合わせて読みたい関連記事

柔道の崩しとは?