出足払いのコツ

柔道の足技の一つである出足払いが上手く出来ますか?
出足払いは、相手の踏み出した足が畳に着く、または畳から離れる瞬間に外側kら鋭く払って投げる技です。

 

出足払い

 

その為、相手の足を誘い出してこの状況を作り出す必要があるので、体捌きも繰り返して練習して安定した姿勢で投げられるようにしたいものです。

 

 

そんな出足払いのコツは、鋭く足を払うことが出来るように足首を返して小指で畳をするようにしながら相手の足のくるぶしを払うようにすることです。

 

 

例えば、右後ろ捌きで技をかける場合の出足払いのやり方としては、まず右自然体で組みます。
右後ろ捌きで、右足を大きく引いて体を開いて、相手の右横に移ります。

 

 

同時に左手の脇を締めるようにして相手の右つま先の方向に引き下げて右足を出させます。
そして、相手の右足が畳に着く瞬間に右手は上の方に引き上げるように働かせて、左足首を返して小指で畳をするように足裏を右くるぶしに当てます。

 

 

右手は引き上げ、左手は押すようにしながら、踏み出した方に鋭く払って投げます。
以上が一連の出足払いのやり方です。

 

 

また、出足払いの一人で行う練習方法としては、相手がいると思って前に出ながら、後ろに下がりながら、左右の前さばきをしながら一人で払う練習をしましょう。

 

 

その他に、相手と組んでやる場合は、受けが前に出てくる時や下がる場合、大きく回して入るなどの出足払いのかけ方も出来るように練習していくと効果的です。

 

 

いずれにしても、出足払いのコツは、足の使い方にあります。取りの足は小指で畳をするようなイメージで足首を返し、足裏で相手のくるぶしを払い上げるのがポイントです。
出足払いは、その他にも払い上げるタイミングや手の使い方が難しい技ですが、しっかり身につけておけば他の技にも使えるので、小学生のうちにしっかり身につけておくと良いでしょう。

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>