送り足払いのやり方

柔道の送り足払いは、相手の体の移動を利用して両足が揃うように送り、移動する方向に直線的に払って投げる足技です。

 

送り足払いの受け練習

 

例えば、横に移動させながらかける送り足払いのやり方は、まず右自然体に組み、受けが左横に踏み出そうする動きを利用して、自分もそれに合わせて横に移動します。

 

 

この時には、相手の左肘を押し込むようにします。
そして、体を相手が安定させようとして右足を引き寄せたところを、更に左手を強く押し込むようにします。

 

 

その際の右手は釣りあげるようにしながら相手の両足が揃うように崩し、自分の左足の裏を相手の足首あたりにあてます。
その後、さらに両手の働きを強め、左足で素早く払います。

 

 

受けは左横受け身をとるようにします。
技をかける時に袖を持った手は、相手の体につけるようにしながら足が揃うように送り、相手の身体を下から押し上げるような体の使い方をして払うようにすると良いでしょう。これが送り足払いのコツと言えるかもしれません。

 

 

この技は出足払いと違い、両足が揃ったところを払いますが、同様に払い方や体さばきを繰り返し練習するようにすると良いかと思います。

 

 

なお、この送り足払いは受けの対応がとても難しいので、怪我をしないようにするためにも、まず受けが足を揃える動作、そして揃って足を払われたとしても安定して自分の体を保つことが出来るようにしておくことが大切です。

 

 

それには、単独で横に移動しながら足を揃え、また足を広げるという動作を繰り返し行うように練習をしておくと、小学生でも安全に受けが取れるようになれ、しっかり技の稽古も出来るようになれるでしょう。

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>