小外刈りのやり方

柔道の足技の一つである小外刈りがうまく出来ますか?
小外刈りは、相手の右足から入れた足の裏で、かかとを強く刈り倒す技です。

 

小外刈りのやり方

 

小外刈りのやり方としては、右自然体で組む場合なら、左足前さばきで進み、自分の左足を相手の右足の外側に踏み込みます。

 

 

右足は自分の左足のかかとのすぐ後ろについて、体を少し斜めに開きます。
左手は肘を絞るような感じで引き下げ、右手は釣り上げ気味に押し、右後ろ隅に崩します。

 

 

この時には右足で体を支え、そして左足裏を返して土ふまずを相手の右足かかとに当てます。
右手は押し、左手は下に引きながら、相手の右足のつま先の方向に左足で鋭く刈ります。

 

 

小外刈りのコツは、バランスよく手と体さばきを使って、相手の右足かかとに体重を掛かるようにして、左足つま先が畳から離れるくらいに相手を崩すことです。
この時に袖と襟をもった手は脇を締めて、相手の肘と自分の肘がくっつくような状態にしておくといいでしょう。

 

 

また、相手の右足を踏み込んで体を開くときには、両足が相手の両足と一直線上並ぶくらい踏み込みます。
この時に自分の身体を支える右足が離れすぎて腰が引けていたりすると刈る力が弱くなってしまうので注意してください。

 

 

しっかり左足のつま先に力を入れて足裏を返して、小指が畳をするようにしながら鋭く刈ると良いと思います。
なお、小外刈りは相手を追い込んでもかけられますし、引き込んでもかけられます。

 

 

その為、ケンケンで相手を押していってもかけられるように練習しておくとより良いでしょう。