内股の練習法

内股の練習法はどのように行っていますか?
柔道の内股は足技の一つになり、相手を前に崩して、後ろ向きになり投げる技です。

 

内股の練習法

 

右自然体で組む場合は、最初に踏み込む右足は相手の背丈に合わせて膝を曲げて、相手の右足の少し前につきます。

 

 

左手は胸を張るようにして上に引き、右手は釣込むようにし、相手を前にややねじれた姿勢に崩しながら、左側に体を回転させます。

 

 

そして、右足を押し込むように左足を継ぎ、相手の両足の間に踏み込んで、右足で相手の左足の付け根部分を跳ね上げて相手を前に投げます。

 

 

また、現在良く使われているのは腰に乗せて投げるような内股です。
相手に対して前回りさばきで自分の体を進め、この時に相手を前方に崩しておいて、腰に相手を乗せます。

 

 

そして、今度は相手の右足の付け根を、自分の右足で払い上げます。
腰技に近い形の内股になるかと思います。

 

 

内股は、足を後ろに跳ね上げるときの回転を使って相手を投げるようになるので、内股を練習する場合、一人で壁を使った足を振り上げる練習方法が効果的です。
壁を使った内股の練習法のやり方は、両手を壁につき、右足、左足と進め、左足は右足のかかとのそばにおき足を振り上げます。

 

 

この時には、足の裏が天井を向くように振り上げ、出来る限り膝を曲げないようにします。

 

 

また、頭が下がりすぎないように注意するようにしましょう。
頭が下がりすぎると、頭から突っ込んで大怪我をしてしまうこともあるからです。

 

 

ですので、一人で内股を練習するときには、頭が下がりすぎないように、出来れば頭は畳と水平より下に下げないということを意識して練習していきましょう。
一人でバランスがとれるようになれば、ほぼ内股は出来るようになる筈です。

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>