支え釣り込み足のポイント

支え釣り込み足で相手を投げることが出来ますか?
この技は膝車と似ている足技ですが、違いはやや直線的な形になり、相手が前に出てくる勢いを使って、相手の足首の少し上に足裏を当て、そこを支点にして前に出る勢いを止めて投げます。

 

 

支え釣り込み足のやり方は、右足は相手の左足の前に出し、つま先を内側に向けて右足前さばきで進めながら右手を釣りあげ、左手は上にやや肘を張るようにして引き、右足先に体重が乗るようにして右前すみに相手を崩します。

 

 

そして、相手が体のバランスを保とうとして右足を出そうした瞬間に、自分の左足の裏を相手の右足首上にタイミング良く当てて支えます。
この時には腰が引けて曲がらないようにすることがポイントで、お腹を出すように左膝と腰を伸ばすようにするのがコツです。

 

 

そして、支えている足首上を支点にして相手の体を左に両手で円を描くようにひきまわし、最後に左手の脇を締めて下に大きく引き、右手はこれを助けて釣るようにして左後ろに投げます。
投げた後は、体が回転して相手の方を向くようになります。

 

 

この一連の技の動作が、動きの中でもしっかり出来るようになるまで繰り返し練習していきましょう。
なお、支え釣り込み足は膝車と同様に受け身の練習にも有効ですし、力に頼るのではなく投げ方のコツを習得することで、成長してからも応用が利くようになります。

 

 

非力な小学生でも支え釣り込み足が得意になる秘訣を教えます!

 

柔道ジュニア選手育成プログラムの詳細を見てみる >>