相手の技の応じ方

ここでは、柔道で自分が技を相手にかけられた時にどうやって返したらよいのか、それぞれの技の応じ方(返し方)にについてみていきます。
上達の参考になれば幸いです。

相手の技の応じ方記事一覧

相手が背負い投げをかけてきた時に、しっかり防御することが出来ていますか?小学生のジュニア選手でも、しっかり相手の技に対応出来るようにしておけば、試合展開を断然有利に進めることが出来ます。そんな相手が低い背負い投げをかけてきた時の返し方には、主に2通りの方法が考えらえます。一つは、体を右にさばいて重心を低くして上から倒すようにするのです。やり方は、相手が背負い投げをかけてきた瞬間に、重心を低くして右...

柔道で、体落としの連絡技を決めることが出来ますか?体落としは、左の引き手をやや上に引いて、右手を釣り込みながら足を浅く交差させて投げる手技のひとつ。ですが、お互いに技術が上達してくれば、1回の単発技だけではかからなくなってくるので、自分の技を連絡したり、相手の技を利用して自分の技に変化させることも試合に勝つには必要になってきます。これが、いわゆる技の連絡変化になりますね。で、浅めの体落としに入り、...

支え釣り込み足の連絡技が上手く出来ますか?小学生でも支え釣り込み足から大外刈りへの連絡変化など、色々な技のバリエーションがあるとそれだけ試合を有利に展開することが出来ますね。この場合は、支え釣り込み足で体勢を崩された相手が、もとの姿勢に戻ろうとする瞬間を狙って、大外刈りへと連絡変化させます。この時のポイントになるのは、支え釣り込み足で左に相手をふったとしたら、その力をゆるめてやり、それに反応して元...

内股すかしが上手く出来ますか?柔道で内股の対応として、すかすという技術が必要になってきます。特にジュニア選手の場合は体格差がある場合も多く、体が小さい人が自分より大きい相手に対して耐えることはなかなか出来ません。そこでケンカ四つで組んだ状態から、相手が内股かけようと、こちらの股に足を入れようとしてきたら、左足をわずかに外側にステップし、自分の右足を左足につけるようにすることで、相手の足を入ることを...