体落としの連絡技

柔道で、体落としの連絡技を決めることが出来ますか?
体落としは、左の引き手をやや上に引いて、右手を釣り込みながら足を浅く交差させて投げる手技のひとつ。

 

体落としの連絡技

 

ですが、お互いに技術が上達してくれば、1回の単発技だけではかからなくなってくるので、自分の技を連絡したり、相手の技を利用して自分の技に変化させることも試合に勝つには必要になってきます。

 

 

これが、いわゆる技の連絡変化になりますね。
で、浅めの体落としに入り、かわそうとする相手に、もう一度体落とし入って投げる連絡技も身につけておくといいかなと思います。

 

 

というのも、相手の右足が離れていて1回だけでは技がきまりにくいことがあるからです。
そこで、1回目は浅めに入って、それをかわそうとする相手の動きを利用して、さらに大きく崩して2回目の動きで投げる二段体落としをすると決まりやすいです。

 

 

やり方としては、最初に相手の手前の左足に体落としに少し浅めに入ります。
すると、それに気づいた相手は、右足を飛び越えるようにして体を右にさばいてきます。

 

 

その体さばきを予測して、一度入った形から更に左手を引き出して、逃げる相手を追いかけるようにして再び体落としに入り、右手を更に釣り込んで、左手は引き下げて全身を上手く働かせてタイミングよく前に投げ落とすようにします。

 

 

逆に相手が浅めに体落としを掛けてきたt時には、それを外そうと足を越えただけだと、更に体落としの連絡技をかけられて投げれてしまいます、
その為、足を越えた瞬間に相手の左手を押し下げ右手は釣り上げて、小外掛けの姿勢から、かかとで足を刈るようにするといいかと。

 

 

これが一般的なやり方だと思うんですけど、ただ、小学生の場合は腰がひけてしまうことが多いので、出来るだけ体をさばいて相手を崩してから小外掛けに入るように指導するといいのかなと思います。(^-^;