支え釣り込み足の連絡技

支え釣り込み足の連絡技が上手く出来ますか?
小学生でも支え釣り込み足から大外刈りへの連絡変化など、色々な技のバリエーションがあるとそれだけ試合を有利に展開することが出来ますね。

 

支え釣り込み足からの連絡技

 

この場合は、支え釣り込み足で体勢を崩された相手が、もとの姿勢に戻ろうとする瞬間を狙って、大外刈りへと連絡変化させます。
この時のポイントになるのは、支え釣り込み足で左に相手をふったとしたら、その力をゆるめてやり、それに反応して元に戻ろうとする相手の力を利用して技に入るようにすることです。

 

 

そのようにすれば、相手が防御する時間を与えずに大きく崩して、大外刈りに入れるようになります。
そんな支え釣り込み足から大外刈りへの連絡技のやり方としては、相手が左足を前に出そうとしたところを捉えて、左足前さばきで足を踏み込んで、右足で支えつり込み足に入ります。

 

 

 

そして、左に振られた相手が元の安定した体に戻ろうとする力を利用し、左にハンドルを回すようなイメージで右手は釣り上げ、左手は横に引くようにします。
右足のかかとに体重が乗るように崩しながら、自分の左足を相手の右足の横に踏み込みます。

 

 

この時にお互いの右胸を合わせるにして、左足の膝をやや曲げて勢いよく右足を大きく振り上げ、上体を前に倒しながら両手で相手を押して、ひざ裏を合わせるようにして真後ろに刈り上げ、引き手を左腰のほうに引きつけながら投げます。

 

 

このように相手がもとに戻る力を上手く利用して大きく崩して刈り倒すようにしていきましょう。
なお、この柔道ジュニア育成プログラムでは、技の連絡変化もいくつか紹介してあり、大人の場合とは違った小学生のやり方のポイントやコツも学べるので参考にしてみてください。

 

支え釣り込み足のポイントへ