寝技のポイント

柔道の寝技の押さえておくべきポイントをまとめています。

寝技のポイント記事一覧

柔道で立った状態から技をかける投げ技に対して、畳にひざや手をついたり、あるいは寝た姿勢でかける技が寝技。そんな柔道の寝技(固め技)の基本は抑え込み技です。中学生以下のジュニアでは、ひじなどの関節を逆に曲げたりねじったりする関節技が禁止されており、試合で使うことはありませんから、抑え込み技をしっかり身につけておく必要があります。その為、抑え込み技を練習する場合、相手との位置関係は相手が上か自分が上か...

柔道の実戦を想定した抑え込み技を練習するには、抑え込みの入り方も重要になってきます。そこでうつ伏せになり抑え込みを防ごうとする相手の体を返すといった、上からの攻め方も練習しておく必要があります。そんなうつ伏せになっている相手を返す方法として釣り上げ返しがあります。やり方は、まず両膝を相手の腰の部分に乗せます。そうすることで、相手はしばらく動くことができません。そして自分の近い側の相手の柔道着の肘と...